こんにちは、長倉顕太です。
このページをお読み下さり、ありがとうございます。

突然ですが、質問です。

あなたは以下の内、どれが自分に最も当てはまりますか?

今より「少しだけ」  稼ぎが増えれば、やりたいことがやれる
今より10万円以上、 稼ぎが増えれば、やりたいことがやれる
今より数十万円以上、稼ぎが増えれば、やりたいことがやれる
今より数百万円以上、稼ぎが増えれば、やりたいことがやれる
今より数千万円以上、稼ぎが増えれば、やりたいことがやれる
今より1億円以上、  稼ぎが増えれば、やりたいことがやれる

選びましたか?

当たり前のことを言うようですが、
1億稼げるなら、数百円〜数千万円だって稼げます。

逆に、数千円しか稼げない人が、
それより多く稼ぐことはあり得ません。

つまり、1億円稼げれば、好きな事を好きなだけ、
やれる人生が送れるわけです。


そして、それは非現実的なことではなく、
誰にでも実現可能なことだとしたら?


それについて、これから詳しく説明します。

無自覚に「汚染」され続けている私たちの「脳」

私たちの思考や感情は、全て「脳」が決定しています。

私たちは生まれてから今日まで、やりたいことを
全て「脳」を経由して考え、実行してきました。

ですが、ここでおかしなことに気づくはずです。

脳は常に「やりたいこと」をやるよう働くはずなのに、
どうして稼ぎが足りずに我慢する人生を送っているのでしょうか?

そのカラクリに私が気づいたのは、
苫米地博士に出会ってからでした。

実は、私たちは日々、周りからの刺激で、無意識の内に
「貧乏脳」へと洗脳され続けています。


テレビ、新聞、雑誌、ネットメディアなど、
至るところにあなたの財布を狙う装置が仕掛けられています。

なぜこんなことが断言できるかと言えば、
私が編集者でもあり、ネットマーケティングの
プロでもあるからです。

編集者として苫米地博士の本も100万部以上売ってきましたので、
脳にどのように働きかければ、人がどう行動するかも、簡単に分かります。

苫米地博士とは、もう10年以上の
付き合いになるので、断言できます。

「稼ぐ人」と「稼げない人」の違いは、「脳」が違います。

「稼ぐ人」の脳は「金持ち脳」で
「稼げない人」の脳は「貧乏脳」なのです。

言い換えれば、「稼げない人」でも「脳」を知ることで、
稼げるようになった例も何度も見てきました。

ここはかなり大事な話になるので、
もう少し説明させてもらいます。

「何をやるか」よりも「何をやめるか」

「金持ち脳」が欲しければ、まず
「貧乏脳」を捨てる必要があります。


何でもそうですが、「新しいもの」が欲しければ、
「いらないもの」を捨てないと手に入りません。

まずは「貧乏脳」を捨てる=脱洗脳して、
そこに新たに「金持ち脳」をインストールしなければなりません。


ですが、「人を洗脳する方法」は知っていても、
「脱洗脳」する方法を知る人は、ほとんどいません。

その状態で、「稼げる方法」をいくら学んでも、
稼げるようになるはずがありません。

まずは頭の中の「汚染され切った脳」を脱洗脳して、
「稼げない洗脳」地獄から脱出しなければなりません。

そうしないと、一生「やりたいこと」はできません。

「英語のできない日本人」と「稼げない人」の共通点

日本ほど全国に英語を学ぶ環境があるにも関わらず、
英語が話せる人が少ない国はありません。

あれだけお金と時間を
かけているのに、英語が話せない
最大の理由は、「脳」にあります。


日本人は、日本語の神経ネットワーク(=日本語脳)を利用して
英語を処理しようとしますが、これが最悪なのです。

バイリンガルは、英語は英語のネットワーク(=英語脳)を利用して、
英語のまま処理しているから、英語を運用できるのです。

これと理屈は同じで、「貧乏脳」のまま「稼ぎ方」を
いくら学んでも、絶対に稼げるようにはなりません。


稼ぐためには、「金持ち脳」を新たに
脳内に構築しないといけません。


しかし、そうなるとまた、新たな問題が発生してしまいます。

誰も知らない「稼ぐ脳」のつくり方

それは、稼ぐための大前提となる「金持ち脳」のつくり方を
ほとんど誰も知らないことです。


「脳の専門家」は世の中にたくさんいますが、
知識はあっても稼いでいない人ばかりです。

稼いでいる人にしても、本人はどうして
自分が稼げたのか、よく分かっていません。

ひどいのになると、たまたま上手くいっただけなのに、
「こうすれば絶対に稼げる!」と叫ぶ始末です。


私が苫米地博士と一緒にやるのは、そこにあります。

苫米地博士は

機能脳科学の世界的権威であり、
コーチングの世界的権威でもあり、
実業家としても複数の会社を経営しており、
会的宗教団体の信者の脱洗脳に貢献し、
世界トップクラスの「お金持ち」の人脈を多数持ち、
指導を受けた人から、成功者が多数輩出されている

名実ともに、世界トップクラスの人物だからです。

中途半端な「偽成功者」に「使えない稼ぎ方」を
学んでも、いつまで経っても稼げません。

苫米地博士はあなたを脱洗脳できるだけでなく、
「自動的に稼げる脳」に洗脳できる唯一の人物です。

「稼ぐために頑張る」ではなく「頑張らなくても稼げてしまう」

「洗脳」と聞くと悪いイメージを抱く人も多いですが、
決してそんなことはありません。

それが相手の利益になる働きかけであれば、
それは最大の「貢献」になります。

正直、苫米地博士は実業でも充分稼いでいるので、
そこまで「稼ぐ」ことに関心はありません。

むしろ、1人でも多くの「稼げない人」を
脱洗脳する「貢献活動」に力を注いでいます。

「稼げない洗脳」から脱洗脳され、
「稼ぐ脳」へと洗脳されるとはどういうことか?

あなたは「頑張らないと稼げない」という
これまでの洗脳から解放されます。

その代わりに「頑張らなくても稼げてしまう」
新しい脳があなたのものになるのです。

苫米地博士が常日頃から言っている
「やりたいことだけをやれる人生」を送れるのです。

これまでの「常識」という「洗脳」は、
ここで一旦、全て忘れて下さい。

「人生を変える」というのは、
これまでの「常識」を捨てることなのです。

「稼げる人」に「優秀な人」は、ほぼ皆無

編集者として、これまで多くの成功者と言われる
人と一緒に仕事をして分かったことがあります。

「お金持ち」と「貧乏な人」の差は、
決して「能力の差」では無いということです。


その差はずばり、脳の差です。

「金持ち脳」があれば優秀でなくても稼げますし、
「貧乏脳」しかなければ、どんなに優秀でも貧乏な人でした。


「自分はそんなに優秀ではないし。。」と
お金を稼ぐことを諦めるのはまだ早いです。

1億以上稼ぐ人を何人も知っていますが、彼らは
どうひいき目に見ても、優秀な人ではありませんでした。

むしろ、優秀な人の方が、人に良いように
使われて貧乏なままのことが多いくらいです。


もしあなたが、自分のことをそこまで
優秀でないと考えているならチャンスです。

優秀にはなれないかもしれませんが、
お金持ちになって、優秀な人を良いように
使う立場になるチャンスがあるからです。

あの伝説のプログラムがさらにパワーアップして復活

昨年、あまりに大好評となり、発売開始後、
すぐに売り切れとなったプログラムがあります。

それが『1億稼ぐ脳』構築プログラムであり、その続編として
今回、新たに「実践編」を販売することになりました。


前回以上に実践的な内容が盛り込まれ、
より稼ぎに直結する内容になっています。

前回プログラムを受講していなくても、
理解できるような内容に組まれています。


その内容を説明させて頂きます。


さらに、先着150名限定で、11月16日に行われる参加費10万円のシークレットセミナーに無料ご招待※セミナーの様子は録画し、後日先着申込の方にも配信

今回、いちはやく人生を変える決断をしてくれた
先着150名の受講希望者を、11月16日に行われる
参加費10万円のシークレットセミナーに無料でご招待します。


しかも、本プログラムの購入者は、
10万円の一般席ではなく15万円のVIP席にご招待します。

VIP席の方は、特別に苫米地博士との懇親会
ご参加でき、博士と直接交流できます。


当日の内容は録画して先着150名の方には
配信しますので、予定が合わなくても問題ありません。


このセミナーを受けることで、講義の内容が
さらに深まり、あなたはまるで引っ張られるように
「稼げる自分」への臨場感が高まるでしょう。


苫米地博士のセミナーは、通常招待などは行っておらず、
本プログラム先着150名申込者だけの特典となります。
※申込が150名に達したため、現在は先着200名限定で、「当日の動画」を特典として差し上げます。

前回プログラムは、開始直後に数百単位の申込があったため、
既に特典が無くなってしまった場合には、どうかご理解下さい。

今回特別に「秘伝の技術」も伝授します

今回は本気であなたの脳を「貧乏脳」から「金持ち脳」へと
変えるために、さらに万全の体制を整えました。

2013年年末に行われた特別セミナー

『世界最高レベルのトランストークに挑戦』セミナー
(当日参加費最高700,000円)


の当日の動画を、先着200名限定で、無料にてお配りします。

トランストークは会話そのものが相手に強い
変成意識を引き起こしてしまう、秘伝の会話術です。

無意識に働きかけるので、言語の違う外国人にも威力を発揮し、
相手の内部表現を気づかれずに書き換えることができます。


ビジネス、プライベートのあらゆる場面で有効なため、
お金以外面のありとあらゆる自己実現が可能になります。

なぜなら、トランストークを身につけてしまえば、
どんな人間も、あなたの思いのままに動かせるからです。

そのため、悪用されれば極めて危険な技術のため、
こちらの動画は先着200名限定の特典とさせて頂きます。

このプログラム受講後に待っている、あなたの人生

いかがでしたでしょうか?

苫米地博士も私も、あなたには本気で
「金持ち脳」を手に入れ、理想の人生を
生きて欲しいと願っています。

具体的に言えば、このプログラムを受ける事で

使っても使い切れないお金が毎月振込まれる
値段を気にしないで、買い物が楽しめる
行きたい時に、行きたい場所に旅をすることができる
時間を気にせず、好きなことを仕事にできる
やりたくない仕事は、一切やらずに済む生活が送れる
嫌いな人と関わるストレスから解放される
人に感謝され、仕事が楽しくて仕方が無くなる
悩んでいる人を導けるようになる
「億」を稼げるコーチ、コンサルタントへの道が開ける
自分の隠された才能に気づくことができる
本当にやりたいことが見つかる
給料以上の副収入が、毎月入るようになる
人間関係の悩みから一生解放される

など、少し挙げるだけでも
これくらいの人生が待っています。

今までの「常識」が「非常識」になり、
これまでの「理想」が「現実」になるのです。


これまで受けて来た「洗脳」はそれほど根深く、
そこからの「脱洗脳」は、それほどパワフルなのです。

『1億稼ぐ脳』を手に入れるための受講費

さて気になる値段ですが、『1億稼ぐ脳』をあなたに
インストールするので、ビジネス的に考えれば、
それ以上の値段はしても、全く不思議では無いはずです。


なぜなら、『1億稼ぐ脳』は、あなたに半永久的に
お金を稼ぐ能力をもたらすからです。


一時的に『1億稼ぐ』のではなく、
これから先、ずっと『1億稼ぎ続ける』訳ですから。

しかし、苫米地博士はもはや「稼ぐ」ことに
そこまで興味が無いため、ほぼボランティア同然の価格で
提供することを快諾してくれました。

しかし、あまりに安いと、現在も半年間で
600万円払ってコーチングを受けている人に
失礼にあたると思い、今回に限り

定価30万円(税別)

のところ、今なら早期割引価格として

定価30万円(税別)→早期割引価格24万円(税別)

で受講できるようにしたいと思います。

しかも、本プログラムを購入された方には、
特典として前回プログラムの

『1億稼ぐ脳』構築30日間プログラム(定価約20万円)

こちらもプレゼントします。

さすがにやり過ぎかとも思いましたが、
ちまたに出回るその他大勢のインチキプログラムと
一緒にされたくないので、ここまでやらせてもらいます。


特典をまとめると

・先着150名に限り、11月16日(日)セミナーの
 定価15万円のVIP席無料招待
定価20万円の『1億稼ぐ脳』構築30日間プログラムが受講可能


こちらがついた上で

定価30万円(税別)→早期割引価格24万円(税別)
※クレジットカード決済にも対応しております。
※カード会社への毎月の引き落とし額の調整により、実質の分割払いも可能です。

という、豪華な内容になっています。

特典の先着150名は、すぐに達してしまう
可能性があるのでお急ぎ下さい。

会社員やフリーターなど、金銭的に厳しい方への
配慮も含めた、まさに【破格】でのご提供です。

念のため、再度内容を確認させてもらいます。



という、まさにこれ以上無い内容になっています。

これに加えて、昨年販売した、定価約20万円の

『1億稼ぐ脳』構築30日間プログラム

までが特典として付いてきます。

自信を持ってお勧めする破格のプログラムなので、
ぜひお早めにお申込下さい。

苫米地英人『1億稼ぐ脳』のつくり方~実践編~~禁断の「金持ち脳」移植プロジェクト~に申し込む

残念なお知らせ

これほど素晴らしい内容になってはいるのですが、
ここで1つ残念なお知らせをしなければなりません。

このプログラムは500名の購入が確認できた時点で、
その場で販売を打ち切らせて頂きます。


そして、販売は10月30日(木)の1日限りとさせて頂きます。

再販売の予定も無いので、正真正銘、
今回が最初で最後のご提供になります。

なぜ500名限定なのかと言えば、
あまりに破格の価格と内容になっているため、
売れすぎると「悪意のある人」の手にも渡る
可能性が、極めて高くなってしまうからです。


それは「世界平和」を掲げる苫米地博士が、
最も望まないことです。

本気で「人生を変えたい」「理想の人生を歩みたい」と
願う方だけに、手に取って欲しいと思っています。

ちなみに、前回のプログラムは、
発売開始数日で500セットが売り切れてしまいました。


それを考えても、今回もまた、あっという間に
売り切れてしまうことが考えられます。

人生を変えるために必要な投資額が、
サラリーマンの平均給料よりも低いのです。

あなたがこれから、一生涯で稼ぐことになる
金額に比べたら、お小遣い程度にもならないでしょう。


私は常々言っているのですが、
学ぶなら「一流」「本物」から学んで下さい。

イマイチ成功していない中途半端な人から学ぶくらいなら、
絶対に「一流」「本物」から学んだ方が、人生は変わります。

ここまで読んでくれたあなたには、
そんな間違いをして欲しくない。

それが私からあなたに伝えたいことです。

それでは、動画の中と、ガンガン稼げるようになり、
人生が変わったあなたに会えるのを楽しみにしています。

苫米地英人『1億稼ぐ脳』のつくり方~実践編~~禁断の「金持ち脳」移植プロジェクト~に申し込む

残念なお知らせ

1959年、東京生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。
計算幾科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、
同Cylab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、
コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、
全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、
米国教育機関TPIインターナショナル日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、
財団法人日本催眠術協会代表理事。
マサチューセッツ大学を経て上智大学外国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。
2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学、
人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ。同認知科学研究所、
同人工知能研究所を経て、コンピュータ科学の分野で世界最高峰と呼ばれる
カーネギーメロン大学大学院哲学科計算言語学研究科に転入。全米で4人目、日本人として初の計算言語学の博士号を取得。
帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、同ピッツバーグ研究所取締役、
通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。
現在は米国認知科学の研究成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」「TPIE」を日本向けにアレンジ。
日本における総責任者として普及に努めている。
著書に『洗脳広告代理店 電通』(サイゾー)『日本の盲点(スコトーマ)』(ヒカルランド刊)
『経済大国なのになぜ貧しいのか?』『現代版 魔女の鉄鎚』『まずは親を超えなさい!』
『残り97%の脳の使い方』『英語は逆から学べ!』 『英語は逆から学べ!実践トレーニング編』
『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方〜「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法〜』
『脳と心の洗い方〜 「なりたい自分」になれるプライミングの技術〜』(フォレスト出版)、『本当はすごい私』(講談社)
『年収が10倍アップする 超金持ち脳の作り方』(宝島社)『洗脳』(三才ブックス)、
『ドクター苫米地の新・福音書』(講談社)、『スピリチュアリズム』(にんげん出版)、
『心の 操縦術』(PHP研究所)、
『洗脳原論』(春秋社)、
『夢をかなえる洗脳力』(アスコム)、
『洗脳護身術』(三才ブックス)、
翻訳書に『CIA洗脳実験 室』(デジタルハリウッド)など多数。

長倉顕太プロフィール

【編集者として】
<10年間で1000万部!>

元フォレスト出版取締役編集長兼マーケティング部長。
編集者歴10年で書籍売上1000万部超。
コンスタントに毎年100万部以上売ってきた実績は、
業界で圧倒的な数字。
主な担当書籍に
シリーズ70万部『怒らない技術』(嶋津良智著)
シリーズ70万部『「心のブレーキ」の外し方』
シリーズ70万部『なぜ、占い師は信用されるのか?』
(ともに石井裕之著)
シリーズ50万部『英語は逆から学べ!』(苫米地英人著)
シリーズ70万部『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?』(小堺桂悦郎著)
『略奪大国』(ジャームス・スキナー著)
『30代でやるべきこと、やってはいけないこと』(井上裕之著)
『日本人のためのフェイスブック入門』(松宮義仁著)
『会社にお金が残らない本当の理由』など。

<135作中、62作を5万部以上。20作を10万部以上>
編集者が一生のうち3万部でベストセラーを出せば御の字という
業界において、134作中60作を5万部以上の本が60作、
10万部以上の本が20作。
この実績からも「5万部はマーケティング力で必ず作れる」とし、
企画、マーケティング、著者ホームページ、
著者のブランディングまで組み立て、
多くのベストセラー著者からも信頼を得ている。
現在は累計2000万部以上の著者たちにもアドバイスをしている。

<年間ランキングに6回。すべてのジャンルで10万部以上>
さらに、大手取次の年間ベスト10において、
担当した書籍を6回ランクイン。
多くの編集者が得意ジャンルにベストセラーが偏るのに対して、
自己啓発、会計、経営、経済、金融、英語、ダイエットのジャンルで
それぞれ10万部以上を出す。

<独自のメソッドは「再現性」に優れている>
教えた部下も全員10万部以上を出すなど、その手法は「再現性」にすぐれている。
つまり、独自メソッドを使えばかなりの確率で5万部は越える。

<新人著者を大スターにするのが得意>

手がけた著者のほとんどが、新人かベストセラー未経験者。
「すべての人の中には、必ずベストセラーになるコンテンツがある。
そして、それを引っ張りだすのが編集者である」というのが持論。

【コンテンツマーケターとして】
<ほぼゼロから15億円規模に>

フォレスト出版のバックエンド部門(セミナーや教材)をほぼゼロの売上から
5年で年商15億円規模にまで成長させる。70億円以上の情報販売を指揮した。
6万円の教材を1万本販売、40万円のセミナーを250名集客、5000名満席のビックイベントまで手がける。

<出版→バックエンドという流れのプロデュースでは日本一>
出版→バックエンドという著者にとって収入を増大するためにやっておきたい戦略のプロデュースでは日本一の実績。
「通常、編集者は編集、マーケターはマーケティングしかできないため、全体の視点が欠けています。
しかし、ビジネスを成功させるには、全体の視点は不可欠」であるとし、
現在はトータルプロデュースに力を入れている。

<電子書籍時代に突入すれば、ネットマーケティングのできない著者は死ぬ>
電子書籍時代になっても大活躍できるべく、著者のマーケティング戦略をアドバイス。